Requires a javascript capable browser.

外壁・屋根リフォームをするならお任せ下さい!住まいの外装リフォーム専門店 GAISO(ガイソー)多治見店

多治見店
0120-346-513 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 屋根カバー工法 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 外観で入居率がアップ!アパート・マンションの外壁塗装
外壁・屋根
リフォームコラム

外観で入居率がアップ!アパート・マンションの外壁塗装

2021年09月23日

 目次
 
アパートやマンションなどの賃貸物件を運営するオーナー様にとって、入居率はとても重要ですよね。
入居率が下がると、毎月入る家賃収入が減ってしまうため、入居率の維持に苦戦されているオーナー様も多いのではないでしょうか。
また、賃貸物件は築年数が経過していくにつれ、入居率が下がってしまうのが悩ましいところです。
そんな時、入居率の低下を防ぐ対策の1つに、外壁塗装があります。
外壁の塗装が剥がれて古そうに見える建物よりも、きれいに塗装された外壁の建物の方が好印象のため、住みたいと考える方が多いでしょう。
しかし、塗装を行うだけで入居率が上がるのか確信が持てないため、費用をかけて外壁塗装を行うべきかという判断に迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、入居率を上げるための外壁塗装について、ご紹介させていただきます。

アパート・マンションの外装リフォームを行うメリット

建物は築年数が経過すると色あせが発生するなど、新築時の鮮やかさは失われてしまいます。
しかし、住む家を探している入居希望者は、どうしても建物のきれいさなどの見栄えを重視される方が多いものです。
外壁を色あせたままにしておくと、入居希望者にあまりいい印象を持たれず、結果として人が集まりにくくなってしまう可能性が高くなります。
また、入居希望者だけではなく、現在入居している方でも、よりきれいな建物に住みたいと考えて、引っ越ししてしまう可能性もあるでしょう。
その結果として、入居者が徐々に減ってしまうと、必然的に空室が目立つようになってしまうのです。
そんな時は、建物の第一印象となる外装をきれいにすることで、解決することができるでしょう。
また、外装リフォームを行うことによって、建物の資産価値を維持することが可能です。
塗装には、雨水が建物に侵入するのを防ぐ役割があるので、塗装が古くなって剥がれやヒビ割れが生じてしまうと、そこから雨水が侵入してしまうことも起こり得ます。
雨水が侵入すれば雨漏り発生などのトラブルや、建物内部の腐食や劣化の原因にもなりかねません。
特に、ベランダは定期的な防水工事を行う必要があり、それを怠ると雨漏りが起こりやすくなってしまう箇所でもあります。
雨水が侵入することで、建物内部の腐食や劣化が発生すると、高額な修繕費用が発生するだけではなく、建物自体の資産価値も下がってしまうでしょう。
アパートやマンションの賃貸運営を行っているオーナー様にとって、入居率と建物の資産価値の維持は、非常に重要な要素です。
さらに、共有部分の廊下や階段、踊り場なども多くの居住者が利用しているので劣化が進みます。
外装リフォームを行うことで、イメージアップと管理されている建物である印象があり、入居率も向上。
建物の資産価値も守ることができるのです。

アパート・マンションの外壁塗装を行う場合はどんな色がベスト?

アパートやマンションなどの賃貸物件で塗装を行う場合は、ベージュや明るいグレーなどが人気色です。
清潔感が感じられるホワイトも、外壁塗装の際に採用されることが多い色です。
アパートやマンションは様々な世代の方が住む建物であるため、個性が強い色よりもベーシックで落ち着いた色の方が、安定した人気を集めているといえるでしょう。


ただし、地域によっては他の色が好まれる場合もあります。
例えば、近隣に大学があるなど、入居者の年齢層が若いエリアではツートンカラーのようにデザイン性の高い外観が人気であり、
若い女性に人気のあるエリアでは、薄いピンクや水色などの柔らかな色が好まれる傾向にあります。

そのため、その地域や入居者のターゲットによって、色の選択肢は大きく異なるのです。
外壁塗装を行う場合は、まずはその地域について調査を行い、どの層をターゲットにするか決めることをお勧めします。

どのタイミングで外壁リフォームを行うべき?

アパートやマンションの外壁リフォームは、おおよそ10年が目安とされています。
建物は築10年であれば、見た目や性能に大きな劣化が見られることはありません。
しかし、外壁は紫外線や雨風の影響による汚れやダメージの蓄積などが目立ってきます。
例えば、外壁を手で触った際に粉が付くチョーキング現象や、外壁やコーキングのひび割れ、コケや藻の繁殖といった症状が見られた場合は、なるべく早い対策が求められます。
これらの現象は、防水機能が低下し外壁の劣化が進んでいる際に見られる症状であるため、放置していると雨漏りや建物を劣化させる原因になりかねません。
そのため、ダメージが大きくなる前に、外装リフォームを検討することをお勧めします。
建物の築年数・劣化の状況から、最適なタイミングで外装リフォームを行いましょう。

外壁リフォームを行う場合には要注意!集合住宅ならではのトラブル

賃貸住宅の外装リフォームについて、メリットとメンテナンスのタイミングをご紹介させていただきました。
ここでは、実際に塗装工事を行う際の注意点について、解説させていただきます。
外装リフォームを行う場合は、足場の組み立てが行われます。
足場を組み立てる際は、大きな音が発生してしまうため、居住者や近隣住民の方々から苦情が発生する可能性があるのです。
そして外壁の高圧洗浄時も注意が必要です。洗浄中は洗濯物が干せなくなりますので、必ず事前に居住者にご案内しておきましょう。
アパートやマンションは高い建物が多いため、塗装を行う際に広範囲に塗料が飛散してしまうことがあります。飛散した塗料が、ベランダ内、近隣の住宅や車に付着してしまった、というケースもあるので要注意です。また、複数の方が住んでいるので、塗料の臭いが気になる方とそうでない方様々いらっしゃることでしょう。工事中は窓を開けないように事前に伝えるなどが必須です。
マンションやアパートはライフスタイルがそれぞれ違う複数の人が住んでいます。それぞれで感じ方や考え方も違うため、工事前のご挨拶やご説明、ご案内など慎重に対応することが重要です。

上記のように、集合住宅の外装リフォームを行う際は近隣住民の方々とトラブルに発展してしまうケースがあるので、居住者や近隣住民の方々への配慮を適切に行っている業者に依頼することをお勧めします。

まとめ

今回は、入居率を上げるための外壁塗装について、ご紹介させていただきました。
外壁塗装やその他外装リフォームを行うことによって、入居率の維持や向上、建物の資産価値を守ることができます。
しかし、依頼する業者を慎重に選ばなければ、施工の際に近隣住民の方々とトラブルに発展する可能性もあります。
外装リフォームを適切なタイミングで行い、トラブルを未然に防ぎ、円満な賃貸運営を行うためには、信頼できる専門業者に相談しましょう。
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!